読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の名は。

こんばんは、トシヒロです☆

お席一緒していいですか?

…ありがとうございま〜す!!

 

こんな感じで…。

先日ホストの体験入店行ってきました。

簡単に感想まとめます。

 

f:id:capsule4201:20170502143125j:plain

 

場所は新宿歌舞伎町。結論から言うとめちゃくちゃ楽しかったです。感動しました。

 

客層は幅広くて僕が接した4組だけでも年齢25〜45歳、顔面偏差値35〜65までと、バラエティがすごい。 

またホストはかっこいい人多かったです。しかし店で不動の1位だった現役員の方は顔面は下の上。現役のNo1も顔面は平均ちょい上くらい。その代わり2人とも喋りがめちゃくちゃうまい。最終的には頭で成り上がる世界なんだなぁと思いました。

 

今日はそこで出会った"愛せる馬鹿系ホスト"の話をしようと思います。ここでは仮に"知性さん"と呼びましょう。知性さん、人当たりもよく、会話の頭の回転も早いんですが、学校的な知識がカケラもなくてめちゃくちゃ愛せる人間でした。

 

お客さんを含めて、あるお題にそって順番に回答するゲームをしていた時です。

 

まずは細胞を構成するパーツというお題。

 

僕「小胞体」

ホストA「核」

客「細胞膜」

知性細胞脈

 

細胞脈…、21世紀にして新しいオルガネラが発見されてしまった。または生み出されてしまった。この人、創造主なのかもしれない。そう思いました。 

細胞脈については現在、Natureに報告しようと検討中です。

 

ゲームは続き、月名を英語のスペルで書くというお題に。これがやばかった。

 

僕「January」

ホストA「F…February」

客「march!」

創造主「…わからん。これってingつくっけ?」

 

Apriling…。年間通して4月だけ常に進行中……あまりにもフール。

 

知性さんはその後もずっとエンジン全開だったので、1年の中から8月と12月は消滅したことになりました。残念です。

 

でもお客さんはずっと笑ってたので、サービスとしてはすごかったです。

 

このようにホストも各々の個性を光らせて、客を楽しませるプロでした。普通に尊敬して帰ってきました。楽しかったです。

 

以上、トシヒロでした☆

 

 

P.S 源氏名は父方のおじいちゃんの名。