下を向いて歩こう

僕は昨年、3週間東南アジアをバックパックしていた。旅路は香港マカオ中国(広東、桂林、南寧)ベトナムラオスタイを駆け足で回るというもの。

 

f:id:capsule4201:20170512171725j:plain

 

その初日、僕は香港の大陸側を旺角→油麻地→尖沙咀と歩いていた。尖沙咀に着く頃にはすっかり日も沈んでいたが、なお活気ある繁華街は日本の渋谷に近い雰囲気。坂の多い街並みには、居酒屋がたち並び、キャッチらしい黒人がちらほら。

 

23時の尖沙咀はネオンが煌々と光り、眠る気配を見せない。懐かしい感じがした。

時差1時間、24時の渋谷もきっとこんなネオンが灯っているのだろう。

24歳にして初の海外1人旅、その初夜、僕の心は渋谷に片足を置いたままだった。

 

僅かにセンチな色を帯びながら、ネオンを見上げて思った。

 

「いい旅にしよう

 

 

瞬間。

右足が未知の動摩擦係数に出会った。

 

すべるすべる。

 

眠らない街尖沙咀、。

そこはどこまでもまるで渋谷。その再現度たるや。道端には吐瀉物が散見された。そう、僕の右足はしっかりと"渋谷"を捉えていた。

 

絶望。

僕は確かにネオンを見上げていたが、目の前は真っ暗。

 

尖沙咀は眠らない。僕を安らかに眠らせるつもりもない。

 

こうして初の1人旅は出鼻を見事に挫かれ、苦い思い出となったのだった…。

 

さて坂本九は「上を向いて歩こう」と言った。

しかしこの時、僕は「下を向いて歩こう」と固く誓ったのだった。

もうこれ以上涙がこぼれないように

 

それは泣きながら歩く一人ぼっちの夜。