Dreams Never Come True

"メット5回ぶつけたり ブレーキランプ踏んだり

ア・イ・シ・テ・ル って伝えられるかな"

吉田美和は愛しい彼の背中を見て帰路に着き、未来予想図を夜空に浮かべる。

素敵だ、こんなことやってみたい。


さて、僕はというと。
未だ未来予想図は白紙のまま。
何がよくないのだろう?
色々考えすぎなのかもしれない。 

例えばこんな事を考える。

"ブレーキランプ5回て、それ何とでも解釈できるじゃん?"

ア・イ・シ・テ・ル

まあそういう解釈もありうる。

でも

ナ・カ・ビ・シ・ャ

と得意な将棋の戦法を伝えているとも。

ジ・ミ・ン・ト・ウ

と政治的な立場を表明しているとも取れる。

 

光の点滅に、一意な解釈などありうるのか?

考えてしまう。


あ、ある!

………モールス信号。

http://www.benricho.org/symbol/morse.html


ブレーキランプの長い点滅は1回で"ム"を表す。すなわち。

彼はこう伝えていたのだ。

 

"ム・ム・ム・ム・ム"

 

 

f:id:capsule4201:20170826071059j:plain


吉田美和が見た背中は愛しい彼。
僕の見た背中は川平慈英

この差である。
考え過ぎかもしれない。

しかし僕にだって未来予想図くらい描かせて欲しい。しかたないここに描こう。


---声が形を持ち始めた冬の夜、原付の後で彼女は僕の背中にしがみつく。今夜ばかりは寒さが温かい。

彼女の実家が少し遠くに見えたら原付を止める。ゆっくりと背中から離れる彼女に、僕は事前に印刷しておいたA4のモールス信号50音表を静かに渡す。

そして少しずつ離れていく彼女の背中を見つめる。予定調和的に彼女が振り返ったその時。

ブレーキランプの長さを絶妙に調整しながら、

長点滅,長点滅,短点滅,長点滅,長点滅,一拍
短点滅, 長点滅,一拍
長点滅,長点滅,短点滅,長点滅,短点滅,一拍
短点滅,長点滅,短点滅,長点滅,長点滅,一拍
長点滅,短点滅,長点滅,長点滅,短点滅

僕は暗闇の中で微笑み、彼女もきっと微笑み。僕は原付のペダルをゆっくりと踏み込み、夜の街に帰る。

 


キモ過ぎ。

 

本質は記号どうこうではないようだ。

モールス信号の変換表なんてなくても、吉田美和にとってブレーキランプはサインで。逆に伝わらないサインはサインですらなくて。

 

僕なんかはブレーキランプ踏むより、まず声を出すべきかもしれない。